NEWSゴットハンド せきね

つとむの人物紹介

こんばんは!!
ゴットハンドせきねです(`・ω・´)

今回はある人物を紹介させていただきたいと思います!!

「突然なに?」て感じだと思うのですが(笑)

この人カッコいいんです。

仕事がすごくできるんです。

その名は、、、

山岸尚美さん!!

「誰ーー!?」

て感じですよね

この人は僕が今、読んでいる小説東野圭吾さんの「マスカレードホテル」の主人公のような人です。

すこし物語の内容に触れますが、彼女は東京の高級ホテルのフロントスタッフなのですが、、、

連続殺人事件の次の殺人事件現場が彼女の働くホテルだ!!

と警察が突き止めて、ホテルで潜入捜査をすることになります。

ホテルのフロントスタッフとして、潜入捜査する新田刑事に専属でついて、ホテル業務のあれこれを教えることになったのが、この山岸尚美です。

この山岸さん、先ほども言いましたが、仕事がすごくできるんです。

高級ホテルなので、いろいろな方が来ます。
ビックリするようなお願いや、クレームをつけてくる人もたくさんいます。

そんな癖のあるお客様に対して、潜入中の新田刑事は驚いたり、イライラしたりするのですが、

山岸さんはそんな人達に対して、一切動揺もせず、お客様に不快な思いもさせずお客様の希望を叶えていきます。

読んでいてすごく感じることは、「山岸さんは接客業のお手本のような人だなー」と感じます。

山岸さんはお客様に言われたことや気づいたことを全てやるのではなく、お客様のために一番になるであろうことを的確にできるのです。

気づいているけど、あえてやらない接客もできますし、必要以上にお客様の内情に立ち入らないバランスのいい接客もできます。
しかし時として必要であればかなり深いところまでお客様のプライベートに入っていくこともあります。

この山岸さんをお手本に僕も日々のサロンワークに臨めたらより良い接客ができるのだろうと感じました。

また山岸さんはなにか役職があるわけではないのですが、幹部のスタッフからも頻繁に意見を求められます。後輩からも頼りにされています。潜入中の警察からも一目置かれています。

これはやはり山岸さんの日々の仕事を周りが見ていてしっかり評価していてくれているのと、信頼貯金が高いからなんだろうなとも感じました。

最近リーダーの話がよくでますが、リーダーになる人はこのような人なのだろうなと思いました。

以上
僕なりの山岸尚美さんの分析と紹介でした(`・ω・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です