NEWS倉田 晋吾未分類

僕がここに決めた理由

Lmano designer 倉田晋吾です

友だち追加

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2018年8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

が定休日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日このようなポスターを作りまして

店頭に置かせてもらってます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな風に

よかったら見て下さいね!

 

 

そんな中

僕がMaNOに入るに至った理由とはなんだろうと考えました。

 

僕は今まで美容室の就職活動なるものをしたことがなく、

以前の店舗もなんというか流れで就職してたみたいな部分がありました…笑

 

というわけで僕としてはここに入社する27歳が初めての就職活動になったわけです

字面にするとなんかヤバいやつですね。

 

 

というわけで「そもそも就活とはなんぞや」

状態からスタートした僕ですが

 

一般企業であれば

『マ●ナビ』とか『リ●ナビ』

などが主流になっているのではないでしょうか

学生時代の周りの友人たちもこの辺をよく利用していた記憶があります。

 

 

あまり、一般的ではないのですが

美容師にも専用の就活サイトみたいなものがあります。

『リクエストQJ』

『リジョブ』

なんかが割と美容界隈では有名ですかね

え、知らない?まぁ当然ですよね。

 

 

そんな中、僕が選んだのは

 

 

 

 

 

 

 

 

これでした。

(別にこれの広告ではありません)

無知の状態から無鉄砲に始めるのは無謀すぎると感じたからです。

今はhotpepper見たりとかでやる人が多いんですかね?賢いな

そんな中、紹介してもらったサロンの中に『MaNO』がありました。

 

もちろんある程度アドバイザーの方にカウンセリングをしてもらってるのが前提だったので

ある程度僕が希望している働き方にマッチしている状態ではあったんですが…

正直メチャメチャ不安でした。

あ、ちなみに希望は

  1. 技術に不安があったのでしっかり教えてくれるところ
  2. 自分の頑張りが評価してもらえるところ
  3. 都心に行くのは…郊外でも気合の入ってるところ

ザックリとこんな感じで伝えていた気がします。

今思えばよくこんな情報だけで

10000店舗もある中から3~4まで絞ってくれたなと、

ものすごく感謝はしているのですが

求人票やサロン見学等で最終的には自分で判断することになるっていう最後の部分は変わりないですね。

 

で、実際決める要素になったものなんですが

2に関しては、言ってしまえば「給与」の話なので募集要項を見ればすぐ解決するところ

3はhotpepperやHPを見ればまあなんとなく理解は出来るしサロン見学で聞けば問題なかったのでクリアできました

問題は1なんですよね。

どこのHPも

「しっかりとした教育内容」とか「先輩が優しく教えます」

みたいなふわっとした内容しかなかったんですね。

まぁ、どこも怪しい。

なんかもっと確かにレベルアップができる内容が欲しかったんです。

ただ、そこはMaNOだけは違ったんです。

 

 

 

 

!?

からの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだけ大量の項目がありますがここがクリア出来ればスタイリストになれるということ。

内容がこってりしている分確実にレベルアップができるということですからね。

この辺りで僕はここに入りたいのを決意しましたね。

 

 

 

こんな感じで赤裸々に僕の就職活動を語ってみましたが誰かの就職活動の足しになったらいいなー!

美容学生さん!転職活動中の皆さん、是非活用して下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です